> 商品のご紹介 > イオン交換樹脂 > 強塩基性陰イオン交換樹脂

強塩基性陰イオン交換樹脂

ポーラス型 ダイヤイオン PAシリーズ(Ⅰ型)

ポーラス型は多孔性の母体構造を持ち、同一架橋度ではゲル型に比べ若干水分が高く総交換容量が低めですが、膨潤収縮に対する耐久性が高い製品です。また、低濃度までのシリカ除去が必要である場合等、高い水質を要求される場合の処理にも有効です。水処理において、原水に有機物が多く含まれ、有機汚染が懸念される場合にも有効です。水処理には通常 PA316が使用されます。糖液等の脱塩脱色用には PA308が用いられます。

ハイポーラス型 ダイヤイオン HPA25(Ⅰ型)

ハイポーラス型HPA25はポーラス型より架橋度が高く多孔性の高い樹脂で、特殊用途で使用されます。

銘柄一覧表

塩基 ポーラスⅠ型 ハイポーラス
Ⅰ型
製品名 PA306S PA308 PA312 PA316 PA318L HPA25
構造
商品のイオン形 Cl形
外観指数 95以上
見掛密度
<参考値>
(g/L-R)
710 700 680 670 670 670
中性塩分解容量
(meq/mL-R)
0.8以上 1.0以上 1.2以上 1.3以上 1.3以上 0.5以上
水分(%) 66〜76 57〜67 49〜55 44〜50 42〜48 58〜68
粒度分布* 425µm以上
14%以下
150µm未満
1%以下
1180µm以上 5%以下
300µm未満 1%以下
1180µm以上
5%以下
425µm未満
5%以下
250µ未満
5%以下
有効径(mm) - 0.40以上 0.45以上 0.25以上
均一係数 - 1.6 以下
体積変化率
(OH形/Cl形)
1.22 1.24 1.23 1.19 1.19 1.11
真比重 1.05 1.06 1.08 1.10 1.10 1.06
耐用温度(℃) 60以下(OH形)
80以下(Cl形)
用途 医薬精製、トコフェロール(ビタミンE)精製等、特殊用途 糖液精製脱色、 触媒用途 純水製造、糖液精製脱色、金属回収、触媒用途、アミノ酸分離精製、他 酵素の精製、酵素の固定化、生理活物質・糖液の処理、触媒用途
PA308,312,316,、HPA25は小粒径部分をカットしたL品が御座います。