> 商品のご紹介 > 強酸性陽イオン交換樹脂

強酸性陽イオン交換樹脂

ゲル型 ダイヤイオン™ SKシリーズ

標準架橋度のSK1Bが一般的に広く使われ、原水に酸化性物質を含むなど、不可逆膨潤が懸念される場合は、SK1Bより高架橋度のSK110またはSK112の使用が推奨されます。
架橋度の低いSK104は、主に速い反応速度を必要とする触媒等の用途に適しています。

商品名 SK104 SK1B* SK110 SK112
化学構造
商品のイオン形** Na 形
外観指数 90以上
見掛密度
<参考値>
(g/L-R)
775 830 850 865
中性塩分解容量
(meq/mL-R)
1.2以上 2.0以上 2.0以上 2.1以上
水分(%) 57〜67 43〜50 35〜45 32〜42
粒度分布***
1,180μm以上
300μm未満
5% 以下
1% 以下
有効径
(mm)
0.40 以上
均一係数 1.6  以下
体積変化率
(H形/Na形)
1.09 1.09 1.08 1.06
真比重 1.16 1.29 1.32 1.34
耐用温度(℃) 120以下 (Na形、H形)
架橋度(%) 4 8 10 12
用途 触媒等 硬水軟化、純水製造、金属回収分離、
薬液精製、糖液精製、触媒、アミノ酸分離精製、
有機溶媒の脱水、その他
* 原産国: 日本及び台湾
** SK104・SK1Bは、イオン形がH形(再生形)の商品が御座います。
*** SK1B・SK110・SK112は、小粒径部分をカットした L品が御座います。



ポーラス型 ダイヤイオン™ PKシリーズ

ポーラス型は多孔性の母体構造を持つ、膨潤収縮に対する耐久性が高い製品です。 一般の水処理には PK212LまたはPK216が、復水脱塩用には PK228が使用されます。 また、特に有機溶媒中での反応速度がゲル型に比べ速い事から、触媒等の用途に使用されます。

商品名 PK208 PK212L PK216 PK218 PK220 PK228
化学構造
商品のイオン形* Na 形
外観指数 95以上
見掛密度
<参考値>
(g/L-R)
765 780 790 790 800 810
中性塩分解容量
(meq/mL-R)
1.2以上 1.5以上 1.75以上 1.8以上 1.9以上 2.05以上
水分(%) 58〜68 52〜58 46〜52 43〜49 41〜47 37〜43
粒度分布**
1,180μm以上
300μm未満
5% 以下
1% 以下
有効径(mm) 0.40 以上
均一係数 1.6  以下
体積変化率
(H形/Na形)
1.09 1.09 1.08 1.08 1.07 1.06
真比重 1.19 1.25 1.29 1.30 1.31 1.34
耐用温度(℃) 120以下 (Na形、H形)
架橋度(%) 4 6 8 9 10 14
用途 硬水軟化,純水製造
金属回収分離,薬液精製,触媒、
アミノ酸分離精製,その他
* PK212L・PK216・PK228はH形商品が御座います。
** PKシリーズは全て、小粒径部分をカットした L品が御座います。 PK228はさらに小粒径部分をカットした G品も御座います。



水処理用ゲル型均一粒径 ダイヤイオン™

近年、純水製造装置の種々の改良がなされ、均一粒径樹脂と組み合わせることにより薬剤のコストの低減や、排水量の低減が図られております。また、純水製造以外の用途に於いても、膨潤収縮で破砕し易い大粒径が存在しない等、均一粒径を利点とする分野も多く、均一粒径樹脂の必要性が高まってまいりました。 

この度そのニーズに対応し、汎用イオン交換樹脂の内水処理に最も多く使用されるゲル型の銘柄に付いて均一粒径樹脂を上市致しました。

  陽イオン交換樹脂 陰イオン交換樹脂
製品名 UBK08 UBK10 UBK12 UBA120
構造
商品のイオン形** Na形 Cl形
外観指数 90以上 95以上
見掛密度
<参考値>
(g/L-R)
825 845 885 675
中性塩分解容量
(meq/mL-R)
2.0 2.2 2.3 1.3
水分(%) 43〜50 35〜45 33〜39 48〜55
平均径(µm) 600±50 580±20 650±50 575±50
均一係数 1.2以下
体積変化率
(H形/Na形、OH形/Cl形)
1.09 1.08 1.06 1.24
真比重 1.29 1.32 1.34 1.07
耐用温度(℃) 120以下(Na形、H形) 80以下(Cl形)
60以下(OH形)
架橋度(%) 8 10 12 -
用途 硬水軟化、純水製造、金属回収分離
薬液精製、糖液精製、触媒
アミノ酸分離精製、その他
純水製造、触媒
金属回収他



工業クロマト分離用陽イオン交換樹脂 ダイヤイオン® UBK500シリーズ

クロマト分離技術は医薬・発酵・食品分野において広く工業的に実施されています。そのプロセスでは、小粒径で均一な粒度分布を有するイオン交換樹脂が使用されています。  
ダイヤイオンUBK500シリーズは均一小粒径の陽イオン交換樹脂です。Na形とCa形の2種類があります。

製品名 UBK510L UBK530 UBK550 UBK535 UBK555
構造
商品のイオン形 Na形 Ca形
外観指数 95以上
見掛密度
<参考値>
(g/L-R)
790 830 850 860 870
中性塩分解容量
(meq/mL-R)
1.2以上 1.6以上 1.9以上 1.6以上 2.0以上
水分(%) 61〜65 52〜55.5 46〜49.5 48〜52 42〜46
粒度分布 300〜360μm
90%以上
200〜240μm
85%以上
190〜240μm
90%以上
190〜240μm
85%以上
体積変化率
(H形/Na,Ca形)
1.09 1.10 1.09 1.21 1.12
真比重 1.17 1.22 1.29 1.27
耐用温度(℃) 120以下 (Na形,Ca形,H形)
架橋度(%) 4 6 8 6 8
Ca形変換率(%) 98以上
用途 オリゴ糖分離精製
廃糖蜜(モラセス)中の糖回収
糖アルコール分離精製
蔗糖分離精製
フルクトース/グルコース分離
糖アルコール分離精製など